お知らせ

【オンライン勉強会実施情報】
全国通訳案内士とバーチャルツアー式勉強会を開催いたしました

2020.11.06

2020年10月2日(金)、オンライン勉強会「全国通訳案内士に伝える二戸の魅力とテロワールの旅」を開催いたしました。

コロナの影響により全国的に観光産業が打撃を受けるなか、ウィズコロナの新時代に向かって、二戸への旅の魅力を伝え続ける持続可能な情報発信・広報として、これからの個人旅行時代、体験型旅行の時代を牽引する全国通訳案内士の皆様に二戸を認知いただく取り組みを実施。

全国通訳案内士とは、語学関連の唯一の国家資格である「全国通訳案内士試験」に合格し、観光庁による認定を受けた通訳案内士のこと。アカデミックな知識と、個人の興味に合わせて訪日外国人をガイドする、いわば旅行アテンドのプロフェッショナルです。

第一回目となる今回のテーマは、「日本酒」。
南部美人」5代目蔵元の久慈浩介さん、取締役常務の久慈雄三さん、営業課長の平野雅章さんにご登場いただきました。

コーディネーターは、全国通訳案内士として日本全国へゲストを案内する白石実果さん。豊富な英語の語彙力とわかりやすい説明に定評があり、北米、欧米を中心とするVIPを多くゲストに迎えていらっしゃいます。白石さんのコーディネートのもと、訪日外国人の方々をご案内される、全国各地にお住まいの全国通訳案内士30名の方々にご参加いただきました。

当日はオンラインコミュニケーションツール「zoom」にて、参加者と南部美人の酒蔵を中継で繋ぎ、まるで実地見学しているかのような臨場感。さらに、参加者の皆さんのお手元には、事前に南部美人の日本酒セットをお送りし、実際に味わいを感じなら学びを深めていただく仕掛けに。

温度によって変化する日本酒の味わいや香りの楽しみ方、二戸の風土によって育まれる地酒の特徴、さらには日本酒のネーミングについての質問など、画面越しでもリアルなコミュニケーションが行き交いました。さらに、二戸への旅では、漆の生産量全国一を誇る浄法寺漆器や豚・鶏・牛の三大ミート、季節の野菜や果物とともに、二戸のテロワールを存分に体験する旅をご案内いただけることをプレゼンテーションし、充実の1時間30分となりました。

知っているようで知らなかった日本酒の楽しみ方や可能性に触れるきっかけとしていただけたことはもちろん、南部美人が地元の米や水などの原料を大事に考え、まさに「にのへ型テロワール」を体現する姿勢、より多くの外国人の方々に親しんでいただけるよう、日本国内では数少ない日本酒の「コーシャ認定」を取得していることなど、訪日外国人を案内するための情報として多くの学びがあったと感想をいただきました。嬉しい声がたくさん届いています。