ほんものに出会う旅

美味しいものを辿れば育てる人の姿があり、美しいものを訪ねれば職人の姿がある。
暮らしをのぞけば旬の喜びや冬を楽しむ知恵がある。
旅の風景のなかに、地域ならではの営みを見られるのが二戸の旅の醍醐味。